To Casaでの住宅への想い

To Casaでの住宅への想い

茨城での住宅建築を考えている場合、利用できるハウスメーカーの一つとして、To Casaがあります。ここでは、このTo Casaがどのようなテーマを持って活動を行っているハウスメーカーであり、どのよう住宅の建築を可能としているのかについて紹介します。このTo Casaについて、まず紹介するのはその住宅作りにかける想いについてです。To Casaが住宅作りにおいてテーマとしているのは、住宅を作りたいと思っているクライアントと、家族のように親身に住宅を作っていくということです。家造りを共に行っていくような家族のような存在であることが重要であると考えており、一緒に理想とする住宅を作れるような協力関係を構築する必要があると考えています。

 

特に注文住宅というのは、いかに自分の理想に近い住宅を作れるのか、というのが重要なポイントの一つでもあります。その点においてTo Casaは、利用者との間にしっかりと対話を持ち、価値観の共有をする必要が有ると考えています。しっかりと回数を重ねて対話を行い、どのような住宅を理想としているのかを確かに共有できることによって初めて、理想とする住宅に近付く事ができると考えているためです。また、そのためには難しい事などについても正直に話すという姿勢を取っており、より誠実に住宅作りに取り組んでいく姿勢を持っているのも特徴の一つです。

 

そんなTo Casaが住宅を作っていく上でこだわりとしているのが、まずは長期優良住宅であるという点です。住宅というのは長く生活するためのものであり、長い間安全に安心に生活できる拠点でなければならないと考えています。その為には設計が重要であるという考えがあり、通り一遍の住宅作りを行うのではなく、周囲の環境や地理、あるいは光や風などについてもしっかりと調査を行い、適切な住宅作りを行うことを重要視しています。

 

スタッフブログ | 輸入住宅のTo Casa 茨城県つくば市

 

さらに、デザインについても重要に占める重要な要素の一つと考えています。色々なデザインがあり、それぞれに好みこそあるものの、構造美を重要視した設計を行うことをポイントとしています。これに加えて利用しやすいような間取りになるような設計や、仕上材としてどのようなものを使うのか、ということも重要なポイントであると捕らえており、総合的にクオリティが高く、多くの要望に応えられるような住宅として作られるのがTo Casaにおける住宅作りのポイントとなっています。