ノーブルホームの理念と住宅づくり

ノーブルホームの理念と住宅づくり

イノベーションカンパニーであることを重要なポイントであると考え、進歩する住宅の提供をテーマとして活動しているのが、ノーブルホームです。このノーブルホームでは企業として幾つものテーマが設けられており、これを基にした住宅建築が行われています。全てを紹介することは難しいため、ここではノーブルホームの設けるテーマの内の幾つかをピックアップし、それがどのようにして住宅作りに活かされているのかを紹介します。

 

ノーブルホームのテーマとして最初に紹介するのは、Organizerについてです。このテーマが目標としているのは、チームが一丸となって同じ目標に向かうことができるような体制を作ることです。住宅作りは単独でできるものではなく、多くの力をあわせることによって初めて良いものができると考えていることがわかります。

 

ノーブルホームのテーマとして次に紹介するのは、Each Otherについてです。このテーマが目標としているのは、一人ひとりが自分の役割を理解し、それを全うできるように情熱を持って活動するというものです。チームとしての活動のためには個別の能力も重要になるという考えがあり最終的な住宅がより良いものになるためには重要であるとしています。

 

この他にも多くのテーマがありますが、これらのテーマが目標としているのはいずれも、クライアントにとってより良い住宅を提供できるようにすることです。その為にノーブルホームではいくつかの住宅ブランドを用意しており、それぞれのクライアントが求めている住宅に合わせて提供できるようにしています。それでは、実際にノーブルホームで提供されているブランドとしてどのようなものがあるのかをピックアップして紹介します。

 

ノーブルホームの物件一覧を見る

 

ノーブルホームの提供している住宅ブランドの一つとして、エルシアがあります。このエルシアが特徴としているのは、ローコストであるものの高いクオリティを持っている住宅であることです。ライフスタイルに合わせて住宅を作れるようにするべきだという考えがあり、コストパフォーマンスに優れた住宅作りとすることを目標として設計されています。ノーブルホームでは低コストであるものの高品質な在来工法による住宅として建築を行なっており、特に高気密で高断熱な、時期によらず快適に生活できる場所を提供することを目標の一つとしています。長く安心して生活できるような住宅であることを目指してデザインや設計が行われています。