長い歴史の佐伯建設

長い歴史の佐伯建設

誠実と和を経営のテーマとして掲げて活動を行っている住宅メーカーとして、佐伯建設があります。この佐伯建設では福祉の増進と安定成長を目標としており、社会の反映に貢献できるような住宅メーカーであることを目指しています。それでは、実際に佐伯建設が行っている住宅建築がどのようなものであるのか、細かい経営信条や方針などと合わせて紹介します。

 

佐伯建設が経営上の信条としていることとして、誠実であるために、親切で丁寧な対応によって信用を獲得することが挙げられています。住宅づくりというのは、多くの人にとって一大事です。会社にとっては日常的に行っていることであっても、クライアントにとっては人生の中でも大きな買い物であるということを理解し、相手の立場に立って住宅作りのためのサポートを行うことを重要であると考えています。そのためには信頼関係を構築することが重要だと考えており、そのための対応が欠かせないものと考えています。

 

さらに、創造をテーマの一つとして、住宅に関する技術の開発や合理化についても重要な要素であると考えています。古色蒼然とした住宅づくりに固執するのではなく、多くのクライアントの要望に応えられるような住宅作りができるように技術の向上を目指しています。

 

さらに、品質についても方針が設けられています。この方針についても誠実であることが重要なポイントとなっており、ものづくりに於いて利用者に納得してもらい、喜びを提供できるような住宅であることを重要であると考えています。

 

そんなテーマを持って活動している佐伯建設の大きなポイントとなっているのは、多くの実績を持っているという点です。創業から100年を超えている老舗であることもあり、地域における信頼度の高さがポイントの一つとなっています。施工技術や施工サポートについても幅広く展開を行なっています。また、建築においては一般住宅の建築だけではなく、マンションなどの集合住宅建築や、寺社建築、福祉施設建築などについても手広く行えるようにしています。新築物件だけではなく、リフォームについても担当している他、土木技術の提供なども行なっており、地域に対して貢献できるような会社であることもポイントの一つです。

 

このように、多くの信頼を獲得できるような構造をしていることが、佐伯建設が高い評価を集めているポイントであり、長年に渡って活動を続けてくる事ができた理由でもあります。